カテゴリー
Latest News

eスポーツプレイヤーがARスポーツに挑戦!?「HADO XBall 良ースポーツ杯」を開催!

eスポーツプレイヤーによるARスポーツ「HADO Xball」大会が2月1日に開催されます。出場するのは、G-STAR Gaming、父ノ背中、スマブラプロ、チームOMENの4チーム。優勝者には協賛の日清食品株式会社よりカップヌードル100食が贈呈されます!

eスポーツプレイヤーはARスポーツでも活躍出来るのか?!

どのチームが最強の座を獲得するのか!?

2月1日、eスポーツプレイヤーによるARスポーツ「HADO Xball」大会を開催します!

今回は視聴者参加型の企画。YouTubeで応援を送り、必殺技を炸裂させよう!

  • イベント概要

・イベント名:HADO XBall 良ースポーツ杯!! ~ 集えesportsプレイヤー ~

・日程:2月1日(土) 18時30分~ 配信開始

・配信先:YouTubeアカウント 「テクノスポーツTV – HADO Xball」にて配信
https://www.youtube.com/watch?v=obpxOw0ILpI

・主催:トンピ?

・協賛:日清食品株式会社

・優勝景品:カップヌードル100食分

  • HADO Xballとは?

HADO Xball ( ハドーエックスボール )とは、頭にヘッドマウントディスプレイ、腕にアームセンサーを装着して技を放つ、AR技術を使ったスポーツです。2対2のチームに分かれ、サッカーやバスケットボールのように、フィールドに1人いるシュート役がコートの後方にある相手ゴールを狙います。2021年には賞金総額1億円のプロリーグを開幕します。日本だけではなく、アメリカ、中国、インド、フィリピンなど世界5ヶ国での創設を目指します。

https://www.youtube.com/embed/K6zRqtnLaW0?autoplay=0&fs=1&rel=0
  • 観戦者の応援により、必殺技が発動!

大会の配信中、観戦者の皆さんにYouTubeのチャットで応援していただきます。
応援の多かったチームは試合中に必殺技をたくさん使うことが可能となります。

  • 出場者チーム① G-STAR Gaming

・芦澤佳純
・夏乃さやか
・本郷詩苑

  • 出場者チーム② 父ノ背中

・FOX RABBIT
・中川
・はつめ

  • 出場者チーム③ スマブラプロ

・あばだんご
・うめき
・らいと

  • 出場者チーム④ チームOMEN

・NottinTV
・YUYU
・ダブル

  • 実況

トンピ?

OooDa

カテゴリー
Latest News

HADOを展開する株式会社meleapとスポーツ業界のヒト課題を解決するAscenders株式会社がHRパートナー契約を締結!

このたび、ARスポーツ『HADO』及び『HADO Xball』の企画開発・運営を行う株式会社meleap (本社:東京都千代田区、CEO:福田 浩士)は、スポーツ専門職人材のマネジメント事業を展開するAscenders株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役 橋本 貴智)と、オフィシャルHRパートナー契約を締結いたしましたのでお知らせいたします。

  • HRパートナーにより、『HADO Xball』の競技拡大を加速

株式会社meleapは自社の事業課題や強化したい領域において、Ascenders株式会社の専門職人材のアセット活用し、様々な課題解決の取り組みを行います。
Ascenders株式会社は社内外の人員リソースを活用してスポーツにおけるビジネス、クリエイティブ、パフォーマンス(競技)の課題解決をするチームを構成しています。まずは取り組みの第一弾として、新競技『HADO Xball』のプロリーグ化に向けてビジネスチームを構築し、競技拡大に関するプロジェクトを実施いたします。

  • 契約に至った経緯

Ascenders株式会社はスポーツ業界におけるヒト課題の解決を目指しており、昨年発表したサッカークラブ・バスケットボールクラブに続き、新しい取り組みを行うことができるパートナー企業を模索しておりました。株式会社meleapでも、新競技『HADO Xball』のプロリーグ化に向けた選手体制やリーグ運営体制の強化を積極的に取り組みを行なっていきたいと考えており、それに伴う人材活用の考え方が一致したため、今回パートナー契約を実施する運びとなりました。
Ascenders株式会社は、プロフェッショナル人材のマネジメント事業を運営しており、日本を代表する大手スポーツ企業との協業実績がある他、スポーツ領域における幅広い事業展開の実績があります。一方、株式会社meleapは、「テクノロジー×スポーツ」による新しい市場を切り開いてきた実績があり、リアルなスポーツには出来ない新しい価値の創造に取り組み続けています。今回の契約により、既存のスポーツのあり方に捉われない、新しい取り組みを行なっていく事で、スポーツ市場拡大に寄与していきたいと考えています。

  • Ascenders株式会社について

Ascenders株式会社は、スポーツの夢の国を創るをビジョンに「スポーツで働く」と「スポーツのあるライフスタイル」を創れる文化・環境創りを実現することをミッションにしています。
スポーツ業界に特化したプロフェッショナル人材のチームを構築し、スポーツ産業の成長のエンパワーメントに取り組んでいます。また、プロチームやスポーツ企業、スポーツを事業に活用したい企業に対しても、ビジネスを加速させる仕組みを提供しています。
HP:https://ascenders.co.jp/

  • 株式会社meleapについて

株式会社meleapは、テクノスポーツで世界に夢を希望を与えるというビジョンを掲げ、HADO、HADO XballをはじめとするARスポーツ事業を展開しております。
HADOはアジア、北米、南米、ヨーロッパ、中東、アフリカなど世界26ヶ国65箇所に店舗を展開し、延べ200万人以上が体験しています。
HADO Xballは観戦者も応援アプリを通して参加できるという特徴があります。2021年には、日本、アメリカ、中国、インド、フィリピンなど世界5ヶ国でプロリーグの創設を目指します。
HP:https://meleap.com

  • HADO Xballについて

HADO Xball ( ハドーエックスボール )とは、頭にヘッドマウントディスプレイ、腕にアームセンサーを装着して技を放つ、AR技術を使ったスポーツです。2対2のチームに分かれ、サッカーやバスケットボールのように、フィールドに1人いるシュート役がコートの後方にある相手ゴールを狙います。

https://www.youtube.com/embed/K6zRqtnLaW0?autoplay=0&fs=1&rel=0
カテゴリー
Latest News

学生団体Memory×ARスポーツ「HADO」コラボイベント実現!!

株式会社meleap(所在地:東京都千代田区、CEO:福田浩士)は、2020年3月12日(木)に学生団体Memoryが開催する学生向けAR・VR体験イベント「HADO Memory CUP2020(ハドーメモリーカップ2020)」に、ARテクノスポーツ「HADO」を提供致します。

  • HADOとは?

HADO(ハドー)とは、頭にヘッドマウントディスプレイ、腕にアームセンサーを装着して技を放つ、AR技術を使ったスポーツです。3対3のチームに分かれ、エナジーボールやシールドなどの技を駆使し、80秒間の試合時間で点数を取り合って対戦します。現在、当社はHADOシリーズをアジア、北米、南米、ヨーロッパ、中東、アフリカなど世界26ヶ国65箇所以上に店舗を展開し、延べ130万人以上が体験しています。

https://www.youtube.com/embed/REBPXwx24kA?autoplay=0&fs=1&rel=0
  • イベント概要

AR技術、VR技術がめざましく進歩し、将来的に様々な分野での活用が期待されている。それらの技術を使ったゲームも数多く展開されている。しかし、大学生の中には、そうしたAR・VR技術をあまり体験した事が無いという人も多い。そこで、「学生の世界観の拡大」を団体理念に掲げる学生団体Memoryは、学生にAR・VR技術の体験という新しい体験を提供するために、学生向けAR・VR体験イベント「HADO Memory CUP 2020」を開催する。学生団体Memoryは、このイベントを通して多くの学生に最新のAR、VR技術を体験してもらい、視野を広げてもらうことを狙いとしている。
「HADO Memory CUP 2020」
日時:2020年3月12日 13:00~18:30(受付開始は12:00)
場所:武蔵野の森総合スポーツプラザ(サブアリーナ )
参加対象:学生
コンエンツ:HADO、VRコンテンツのブース、その他各種ブース
(イベントページで随時更新)
タイムテーブル(予定):
12:00~ 入場受付
13:00~ オープニングイベント
13:20~ フリープレイ
17:20~ HADO決勝トーナメント
18:00~ エンディングイベント
18:30 イベント終了
イベントページ:https://memoryhado2020.amebaownd.com/
(上記イベントページからチケット情報もご覧になれます)
お問い合わせ:memory11th@gmail.com

  • 学生団体Memoryについて

学生団体Memoryは、「学生の世界観の拡大」を理念の下、学生に新しい体験やきっかけを提供することを目的に活動している学生団体です。Memoryでは、その新しい体験やきっかけを提供を各種学生イベントを通して行いたいと考えています。2019年12月には学生音楽フェスイベント「キッカケノオト」、2019年2月には体験型学生交流会「メモスク2019」を開催致しました。

団体名:学生団体Memory
設立:2010年
活動内容:学生イベントの開催
代表:武藤なつ音(昭和女子大学2年)
メンバー:東京大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、日本大学、昭和女子大学など
公式Twitter:https://twitter.com/Memory1223
公式Instagram:https://instagram.com/gakuseidantaimemory
お問い合わせ:memory11th@gmail.com

この
カテゴリー
Latest News

2020年スポーツ仲間が必ずできる!未来型スポーツスクール「HADOアカデミー」第2期生募集!

2019年10月15日(火)から約90名の生徒様に応募されたHADOアカデミー(運営会社:株式会社meleap、所在地:東京都千代田区、CEO:福田浩士)は、2020年1月~3月の期間で第2期生の募集を開始しました。

HADOアカデミーは、最新AR技術とスポーツを融合したテクノスポーツ「HADO(ハドー)」を最先端の趣味として”運動不足の解消””スポーツコミュニティ”を提供する未来型スポーツスクールです。

内容は未経験者を対象とした全5回のカリキュラムを通じてHADOの基本的なプレイ方法、公式大会で勝つための基礎力の向上を目指します。全5回の課程を修了した受講者にはHADO公認チームとして活動できる権利を発行しており、公認チーム認定後はHADOを世界に広めるパートナーとして活動援助金の贈呈等、HADOに打ち込める環境をサポートいたします。

株式会社meleapが掲げる「HADOを文化として根付かせる」という目標にあたり、HADOアカデミーから、世界を熱狂させるプレイヤーが誕生することを目指します。

https://www.youtube.com/embed/REBPXwx24kA?autoplay=0&fs=1&rel=0


「HADOアカデミー」概要名称:HADOアカデミー
開催場所:東京都千代田区内幸町1丁目1-6 NTT日比谷ビル8階
開催頻度:初回クラス月8回程度/通常クラス月10回程度
受講料:5,000円
参加人数:1人~参加OK
参加条件:13歳以上 ※既に公認チームの方は参加できません。
受講回数:全5回(初回レッスンから1年以内まで受講可能)
特設サイト:https://hado-official.com/academy/LP/
★受講料5,000円キャッシュバック中
全5回のカリキュラムを修了し、アカデミー修了生2名以上含む3~5名の公認チームを結成した方対象に受講料5,000円を全額キャッシュバック。