カテゴリー
Activity Latest News

新規HADO ARENAが千住にオープン!「ミズノスポーツプラザ千住」にて4月2日(木)から本格稼働開始!!

待望のフルサイズコートを採用したHADO ARENAが都内にオープン!

株式会社meleap(所在地:東京都千代田区、CEO:福田 浩士)は、ミズノスポーツサービス株式会社(所在地:大阪府大阪市、代表取締役:篠村 嘉将)が運営する「ミズノスポーツプラザ千住」多目的ルームにAR(拡張現実)技術を駆使した新世代スポーツ「HADO」を2020年4月2日(木)より本格導入いたします。

本格派フットサルコートや多目的室内コートを構える同施設内に設置されるHADOコートは10m×6mの正規サイズを有し、冷暖房完備、男女更衣室や温水シャワー室などの付帯施設も充実しています。
また予約不要、フリープレイ方式の料金システムを採用しており、レンタルウェアなども取り扱っているので仕事帰りなどでも気軽に利用しやすい環境となっています。

4月2日(木)から5月31日(日)までは新規導入を記念し通常料金60分1500円のところ、60分750円の「利用料金半額キャンペーン」も実施いたします。

  • プレオープン期間

4月からの本格稼働に向けて3月17日(月)から3月31日(火)までをプレオープン期間とし60分500円で利用できます。
こちらの期間はすでにプレイ経験のある方向けとし初級者へのプレイレクチャーは行いませんのでご了承ください。
利用可能時間は曜日により異なります。また他団体のご予約等により変更になる場合がございます。
必ずweb上より予約状況をご確認の上ご来店ください。

http://www.mfpnet.com/reserve.php?plaza=10003

※各時間とも00分より利用可。
​※プレイレクチャーは行なっておりませんので経験者のみ利用可能です。

  • HADOとは?

HADO(ハドー)とは、頭にヘッドマウントディスプレイ、腕にアームセンサーを装着して技を放つ、AR技術を使ったスポーツです。3対3のチームに分かれ、エナジーボールやシールドなどの技を駆使し、80秒間の試合時間で点数を取り合って対戦します。現在、当社はHADOシリーズをアジア、北米、南米、ヨーロッパ、中東、アフリカなど世界26ヶ国65箇所に店舗を展開し、延べ160万人以上が体験しています。

https://youtu.be/REBPXwx24kA
  • 施設概要

■名称:ミズノスポーツプラザ千住
■日付:2020年4月2日(木)稼働開始
■時間:利用可能時間は曜日により異なります。また他団体のご予約等により変更になる場合がございます。
必ずweb上より予約状況をご確認の上ご来店ください。
http://www.mfpnet.com/reserve.php?plaza=10003
※各時間とも00分より利用可。
※プレイレクチャーは行なっておりませんので経験者のみ利用可能です。
■住所:東京都足立区千住関屋町19-1
■料金: フリーパス60分 1500円(施設利用料込み)
※4月2日(木)から5月31日(日)までは新規導入を記念しフリーパス60分750円の「利用料金半額キャンペーン」を実施します。
■レンタル備品
・レンタルウェア 330円
・レンタルシューズ 550円
■店舗ホームページ:
https://www.mfpnet.com/senju/
■お客様問い合わせ先:ミズノスポーツプラザ千住
03-3870-8504(受付時間:平日10:00~23:00 土日祝日7:30~23:00)

 

カテゴリー
Activity Latest News

世界初、福岡第一高等学校がHADO部を設立!最先端テクノスポーツHADOを福岡から世界へ!

福岡第一高等学校から世界初となる最先端テクノスポーツHADOの部活動「HADO部」が誕生します。

株式会社meleap(所在地:東京都千代田区、CEO:福田浩士)は、2019年10月26日、 都築学園 福岡第一高等学校(所在地:福岡県福岡市、学校長:都築 仁子)が最先端テクノスポーツHADO(ハドー)を部活動の競技として導入した「HADO部」を設立し、特設の教室へHADOコートを設置したことをお知らせいたします。HADOが高等学校の部活動として導入されることは世界初となります。

福岡第一高等学校は、最先端テクノスポーツHADOを部活動として導入するにあたり、部員が常にプレイできる環境を整えることが必要であったため、世界初となるHADOを練習できる部室(常設教室)を設置しました。株式会社meleapが掲げる「HADOを文化として根付かせプロリーグ化を目指す」という目標にあたり、HADOが広く一般的に知られる競技となることが重要となります。高等学校で部活動として導入されることは、競技の認知度をあげることに繋がり、競技人口を促進することとなります。
最先端テクノスポーツHADOは年間90回以上の公式大会が開催され、年に1度各国のHADOチームが日本に集結し世界一を決めるHADO WORLD CUPも開催されています。そのため「HADOを福岡から世界へ!」をテーマに掲げる福岡第一高等学校の今後の活動に期待が寄せられています。